転勤に必要な準備のつづき

    次は子供の学校に関して「転校の手続き」をしなければなりません。
    担任の先生に転勤のため転校することを早めに伝えるようにしましょう。
    引越しに関して、「引越し業者の選択」をしなければなりません。
    数社に絞って、見積りを依頼しておきましょう。
    少なくとも3社は見積りをもらって比較することが必要です。
    転勤までの期間も短く引越しの日にちも限られることから、こちらもなるべく早く手配をした方がいいです。
    引越し業者と引越し日が決まったら、引越し業者から梱包資材をもらって、できるところから荷造りを始めていきましょう。
    「公共関連の連絡」をしなければなりません。
    電気、水道、ガス、電話、携帯電話、プロバイダ、新聞など各種公共会社へ引越しの連絡をしましょう。
    各役所へ「転出届」を提出しなければなりません。
    居住している地区の役所へ転出届を提出します。
    引越しの2週間前から受付してもらえます。
    転出届を出しにいくとき一緒に役所で印鑑登録の廃止手続き、国民健康保険や国民年金や福祉関連の変更手続きなども行っておきましょう。
    「引越しの挨拶」をしなければなりません。
    ご近所、学校関係、会社関係などお世話になった人への転勤挨拶は引越し日の前日までに済ませておきましょう。
    転勤の挨拶状に関しては、業者に作成を個人でする場合と会社が作成してくれる場合があります。
    いずれにしても作成には日数がかかるので、転勤が決まったと同時に発注しておくようにしましょう。

      コメントは受け付けていません。