転勤に必要な準備

転勤の辞令は突然やってきます。
半期に一度あるいは一年に一度のペースで人事異動があることがわかっていたとしても、突然自分にその白羽の矢があたると誰でも驚くものです。
ましてその内示は一般的に異動の1ヶ月前、あるいはもっと直前に伝えられることがあります。
これは会社によってまちまちなので一概には言えません。
転勤が決まると、短い時間の中で仕事関係、家関係などでやらなければならない手続きや準備などがたくさんあってついやり忘れてしまうこともでてきます。
転勤が決まったらまず何から始めるべきなのかまとめてみたいと思います。
慌てなくても順序良くやれば大丈夫です。
最初にやることは今住んでいる住居が賃貸物件の場合、「賃貸契約の解約」をしなければなりません。
一般的には解約の1ヶ月前までには大家さんに申し出ることになっていますから、転勤が決まり次第伝えることが大切です。
いつまでに申し出ればいいのかなどについては賃貸契約書などを見て確認しておきましょう。
次は転勤先の地で「新居を探す」ことをしなければなりません。
何はともあれまずは住む場所を確保しなければ何も始まりません。
転勤の場合、会社が社宅などを手配してくれるところもあれば、会社が賃貸物件をさがしてくれるとこもあります。
ネットやFAXなどで情報を仕入れて、最低でも一度は現地に下見に行くようにしましょう。
事前に間取り図をもらっておくと、家具や荷物などの配置を決めやすいです。

コメントは受け付けていません。