運動時の熱中症対策

運動時の熱中症対策の為には何をしたらいいのでしょうか。運動をする時には熱中症になる危険性が伴います。特に夏の暑い日に外で運動する時には注意が必要です。その対策として効果的なのが運動をする前後にスポーツドリンクを飲む事だと言われています。しかし、ただやみくもに飲んでも効果は有りません。却って逆効果になる事も有るからです。飲み方として効果的なのは少しずつ、しかもゆっくりと飲む事だと言われています。よく有るのは暑いからと言ってガブガブと一気にスポーツドリンクを飲んでしまう事です。こうしてしまうと血液中に有る塩分濃度が一気に下がってしまう事になり、痙攣等の症状を引き起こしてしまうのです。ですから熱中症の症状を引き起こさない為にも少しずつゆっくりと飲む事が大切になってきます。
また、スポーツドリンクには塩分・糖分が含まれています。このまま大量に摂取しては濃過ぎてしまいますので、出来れば薄めて飲むとか、お水を飲むだけでも良いみたいです。水にちょっとだけ塩を入れても良いかもしれませんね。このお水やスポーツドリンクを運動前後で汗を流す分だけ補給すると言う分量で飲む様にすると良いと思いますよ。飲み過ぎてしまうと塩分過多になりますから注意して下さいね。つまり、運動する時の熱中症対策としては、運動によって喪失してしまった水分と塩分、つまり汗の分だけお水やスポーツドリンクで補ってあげると言う程度で良いと言う事になります。また、どうしてもと言う場合を除いて、運動する時間帯も考えた方が良いと思います。

コメントは受け付けていません。