障害者の就職

    就職を希望している人の中には障害者の人もいます。
    予想されることではありますが、障害者の方が就職環境は悪いと言えます。
    しかし、自分にできることを一生懸命にやろうという意欲は健常者に負けることはありませんから、求人する企業にとってもプラスの要素としてとらえられているようです。
    一般には大企業よりも中小企業の方が障害者を雇う傾向にあります。
    時代の流れから障害者に対する差別と言うものは少なくなってきているのでしょう。
    障害者の就職支援サイトなどもあります。
    内容的にはほとんど、一般の就職支援サイトと同じです。
    たくさんの企業が求人をしていることがわかります。
    それでも障害の程度によって、どうしてもできない作業が発生します。
    そのことを明確にすることによって、求人側も対応がしやすくなるのです。
    障害者が就職活動をする時には健常者よりも大きな悩みがあると思います。
    しかし、実際にはそのような不安を持つ必要はありません。
    たくさんの障害者がいろいろな職場で働いているからです。
    ハンデを持っていることを黙っていても何の得にもなりません。
    それよりも自分がいかにハンデを克服して頑張っているかと言うことをアピールしましょう。
    常に前向きに生きている人は企業として欲しい人材と言えるからです。
    例えば車いすを使用しているとしても、できない仕事の方が少ないと言えます。
    ほとんどの職業はこなすことができるのです。
    その会社の雰囲気が障害者を受け入れようとしているのであれば、全く問題はないということです。

      コメントは受け付けていません。