離乳食時期に使える!万能野菜スープ①

同じお粥でも味付けが変わるだけで、食べの具合が中々進まなかった物が、よく食べるようになる…という事はよくあります。
大人も同じ味付けばかりだけでは飽きてしまいますよね。子どもも同じです。母乳やミルクから、食事の準備段階である離乳食へと進んでいくと、少しずつペースト状のものから、固形物を口にするようになっていきます。
その中でも味の変化があると、食への興味・関心が広がり、もっと別の物が食べてみたい!美味しいからもっと食べたい!と、意欲へと繋がっていくのです。ですが、忙しい中、料理を作るのが苦手な人にとっては、味のバリエーションと言われても困惑してしまいますね。
そんな時に、是非活用して欲しいスープがあります。それが野菜スープです。これは離乳食が始まった時期から後期と、長い間使える万能スープです。例えば、離乳食初期の頃にお粥に野菜スープを加えてあげる…これだけでも、子どもにとっては大きな味の変化です。こうした野菜スープを冷凍保存しておけば、使いたい時にパッと取り出せるので、常備しておくととても便利なアイテムになります。
ここでは、野菜スープの作り方から、それを活かしたレシピまでご紹介していきたいと思いますので、是非活用してみて下さい。
ここでは基本となる野菜スープの作り方からです。野菜スープの材料はその時々で変更して構いません。その時のポイントは、アクやクセが少ない、そして煮崩れしにくい野菜を選ぶ事です。

コメントは受け付けていません。