離乳食時期に便利!野菜の冷凍保存方⑫【アスパラガス】

●アスパラガス●
アスパラガスも少しずつ食べさせていく事で、味の幅が広がっていきます。最初は食べないかもしれませんが、味を知っていく経験を作っていく事が大切です。アスパラガス独特の風味が最初苦手なお子さんには、他の食材や味付けを工夫していく事で緩和する事ができますし、段々と少しずつ慣れていくと、1口が2口…と食べる量も増えていきます。ですが、まずは量を多く食べさせようと躍起になるのではなく、味を知り慣れていくという経験を重ねていく事を大事に、進めていくようにしましょう。
【作り方】
アスパラガスは根元が堅いので、その部分は切り落として、皮をピーラーで取り除いていきます。その後は柔らかく茹でていきます。
・初期
茹でた状態のままラップに包んで解凍し、調理する時にはそのまますりおろしていけば、調理できます。または、細かく刻んだ後にすり潰して、製氷皿に入れて冷凍しましょう。
・中期~完了期
離乳食の段階に応じて刻み、使う分ごとにラップに包んで冷凍保存袋にいれて保存しましょう。
【野菜の冷凍保存方法まとめ】
如何でしたでしょうか。根菜から青物野菜など、多くの野菜を冷凍保存する方法をご紹介しました。仕事と育児を両立していくのはとても大変な事です。そうした生活スタイルの中で、冷凍保存できる野菜を常備しておくと、時間がない時でも、パッと離乳食を作る事ができます。
冷凍食材と常温食材を上手く活用しながら、楽しい離乳食作りが出来ると良いですね。

コメントは受け付けていません。