離乳食時期に便利!野菜の冷凍保存方法⑩【トマト】

3.くりぬいたヘタの周りから、うすい皮をしゅるしゅるーっと剥く事ができます。
ポイント:透けるくらいのとても薄い皮がむける方法ですが、お湯に転がしておく時間を長くしてしまうと、中の実までも温まってしまい、ぐちゃぐちゃになってしまうので、気を付けていきましょう。
【離乳時期に合わせた冷凍保存】
・初期
湯むきして種を取り除いたトマトを細かく刻み、更にすり潰しておきます。すり潰したトマトを製氷皿に入れて冷凍し、凍ったのを確認したら冷凍保存袋に入れて保存しましょう。
・中期~完了期
離乳食の段階に合わせて刻んでおき、冷凍保存袋に入れて平らにします。そのあとに箸などを使って、折り筋をつけておき、その状態のまま保存すると、凍っていても1食分を取り出す時に取りやすくなります。
【ミニトマトの場合】
ミニトマトの場合は小さいので、皮がついている状態そのままで冷凍保存をする事ができ、とても簡単です。皮むきは、冷凍した後に、ミニトマトを水につけると簡単に皮を剥く事ができます。
皮をむいたら、種を取り除いて、必ず加熱をしての調理をおこなっていきましょう。
【トマトの冷凍時のポイント】
冷凍したトマトはそのままではなく、必ず加熱調理をしていく事をおススメします。トマトベースのスープや煮込み系の味付けにトマトを使うなど、使い勝手も良いので、是非試してみて下さい。その際、皮と種を取り除いておくと、食べやすくお子さんも好きな味になるかと思いますので、この下ごしらえは必ず行っていきましょう。

コメントは受け付けていません。