青森ねぶた祭り

東北三大祭りと言われている中の1つに「青森ねぶた」と言う夏祭りが有ります。
日本人だったら誰でも知っているのではないでしょうか。と言う位有名な夏祭りで、海外からもたくさんの方が見に行っている様です。
1980年に、国の重要無形民族文化財として指定されました。この年には300万人と言う人々がねぶたを見に国内外から集まった様です。
「ラッセラーラッセラー、ラッセラッセラッセラー」と言う掛け声と共にねぶたを盛り上げているのは「ハネト」と呼ばれている踊り手になります。掛け声だけでなく、跳ねながら道中を歩いて行くので、こう名付けられたみたいです。
また、ねぶたと言うと何と言ってもあの山車が有名ですよね。武者人形を模した物で、歌舞伎っぽい感じにもイメージ出来るかもしれません。大きな張り子を作り、中から灯りを灯された姿で作られた山車の姿は、迫力もあって本当に豪華そのもの、圧倒されてしまうでしょう。
もともとねぶたの由来は、七夕の灯籠流しが元になっていると言われています。それが巨大化し変形したのがねぶたです。
また、ねぶたは観客も参加できるお祭りで、ハネトの衣裳さえ着ていたら誰でも跳ねる事が出来ますので、一緒になってねぶたを楽しむ事が出来ます。そういうのも魅力の1つなのでしょう。衣裳自体は買っても借りてもよく、気付けもしてくれますので簡単に参加出来ます。
数日間続くねぶたも、最後は優秀作だった山車数台と共に、花火大会で絞められます。

コメントは受け付けていません。