食べ物でコラーゲンを取ろう

女性は、コラーゲンという言葉には敏感で、コラーゲンの摂取に興味があると思います。
お肌のために、また美しくなるために、コラーゲンは必要な成分です。
では、錠剤以外でコラーゲンを摂取するためには、どんな食べ物を食べたら良いのでしょうか?
動物性ゼラチンにコラーゲンは多く含まれます。
例えば、お肉を煮込んだとき、手羽先などは翌日、スープごとゼリー状に固まりませんか?
あれがコラーゲンなのですね。
また、皮と身の間になる真皮に多く含まれ、また、腱や骨などにもコラーゲンが沢山入っています。
コラーゲンが多く入っている食べ物はどんなものがあるでしょうか?
一番入っているものは、なんと言ってもふかひれです。
ふかひれはサメの軟骨なのです。
と、言っても、高級なふかひれは、一般人はそうそういつも食べることは出来ませんね。
では、ほかに庶民的な食べ物でコラーゲンを摂取できるものはなんでしょうか?
他の魚にもコラーゲンは多く含まれていて、例えば、鮭の皮、うなぎ、あんこう、タイ、エイ、ムツ、ドジョウが代表的です。
また、貝類ではサザエなど、すっぽん、なまこ、エビなどにも多く入っています。
お肉でコラーゲンが沢山入っているものは、スペアリブや豚足、豚の耳です。
鶏肉では、鶏の皮に多くのコラーゲンが含まれています。
ご存知の方も多いでしょうが、手羽先、なんこつも肌に良い食材です。
牛では牛テール(しっぽ)、また牛スジに多く含まれて居ます。
そういえば、こうしたコラーゲンが多く存在しているお肉ってみんな、ぷるぷるしていますよね。
こういったものを食べるとお肌もぷるぷるになるのでしょう。

コメントは受け付けていません。