食事改善

    食事改善をして腸が喜ぶような食事摂取を行うと便秘解消につながります。
    食事と便秘は大きく関係があります。
    便秘だからといって食事の量を減らしてしまうと腸の働きが低下するので、ますます便を排泄しにくくなって便秘がひどくなります。
    また食事の量を減らすと体に必要な栄養素も摂取できないので、便秘が悪化するだけではなく肉体的にもよくありません。
    さらに規則正しく食事を摂取せずに栄養も体に足りていないと、精神的にも元気になれませんから、気持ちも弱くなったり、やる気がなくなったりして気持ちにも影響してしまいます。
    そうなると適度な運動をすることも望めませんから、活動量も減って悪循環になります。
    便秘は体に様々な悪影響を及ぼすのです。
    そこで食事改善をして腸が喜ぶ食べ物を摂取すると腸が喜んで動いて腸内環境を整えてくれます。
    まず一番大事なことは1日3食ある程度決まった時間にきちんと食事を摂ることです。
    生活リズムを整えることは体にとってとても大切です。
    食事の時間を1日3回時間も規則的にすれば、腸も毎日働く時間を認識しやすくなります。
    食事改善の食の内容について言うと、常習性の便秘の人には、食物繊維と脂質を同時に摂取できるものがいいです。
    きんぴらごぼうやひじきの煮物、切干大根の煮物、いも料理やかぼちゃ料理なども適しています。
    香辛料やアルコールなど適度な刺激も腸管を刺激して便の排泄を促してくれます。
    ストレスなどによる精神的な理由からくる便秘の人には、刺激の少ない食事を摂取することが大切です。
    先程述べたようなごぼうなどの部類は避けてやわらかい野菜を中心として食事がいいです。
    冷たいものや脂分が多い食事は腸に刺激を与えてしまうので避けましょう。
    食べるときもよく噛んで腸に負担がかからないようにして食べます。

      コメントは受け付けていません。