馬券が的中した時

予想をして馬券を購入し、レースを観戦していると、当然レース後にはその結果が出ますね。
もし予想が外れていれば、その時点で馬券は用済みとなります。
特別な思い入れがない限りは、もう捨ててしまって構いません。
ですが、レース後すぐに捨てるのは少し待って、しばらくの間は電光掲示板に注目しておきましょう。
というのも、競馬ではレース後に審議が行われる事が結構あるからです。
レース中に落馬や進路妨害等の反則が行われていた場合、その馬は失格となります。
その場合は、繰上げという形で順位が確定します。
順位が確定すると、電光掲示板に『確』の文字が点灯するので、この時点での順位を確認してから判断しましょう。
もし予想が当たっていた場合は、当然その馬券はしっかり保管し、払い戻しをしに行く事になります。
払い戻しは、自動支払機で行えます。
仮にレースを観戦していなかった場合でも、その自動支払機に券を入れれば、当たりか外れかを機械が判定してくれます。
ただし、払い戻し期間は60日以内となっているので、早めに行いましょう。
また、競馬場やウインズの馬券売り場で払い戻ししてもらう事も可能です。
かなりの大金が当たった場合は、機械ではなく直接こちらで行う必要があります。
馬券が的中した場合、家で観戦していた時は特に問題ないですが、競馬場で観戦していた場合は券を落とさないように注意しましょう。
興奮して券を落としたり投げたりしてしまう事があるようです。
そうなると、人が多いので回収がかなり困難になってしまいます。

コメントは受け付けていません。