馬券の種類

馬券を購入する前に、まず馬券の種類について学んでおきましょう。
競馬に詳しくない人は、馬券と聞くと、まずどのような予想の仕方を想像するでしょうか?
恐らく多くの人が、「1着を当てるもの」と思うのではないでしょうか。
それは決して間違ってはいません。
競馬は、どの馬が1着にゴールするかというのを必ず予想するものです。
それは『単勝』と呼ばれる馬券です。
ですが、馬券には単勝だけではなく、非常に多くの種類があります。
馬券の種類は大きく分けると8つもあります。
先述した単勝の他、『複勝』、『枠連』、『馬連』、『馬単』、『ワイド』、『3連複』、『3連単』があります。
複勝は、チョイスした馬が3着以内に入れば的中となります。
枠連は、枠内の馬が1着、2着に入れば的中となります。
例えば枠内にAとBの2頭の馬がいる場合、Aが1着、Bが2着、あるいはBが1着、Aが2着になれば的中です。
馬連は2着以内に入る2頭の馬を当てるものです。
要するに2頭を選び、その馬が1、2フィニッシュを飾れば的中です。
馬単はさらに難しく、1着と2着を着順通りに当てる必要があります。
つまり、Aが1着、Bが2着で的中という予想をしたら、それ以外の結果は全てはずれとなります。
ワイドは、2頭を選び、その2頭が着順関係なく3着以内に入れば的中となります。
3連複と3連単は、3頭を予想します。
3連複は着順に関係なく、予想した馬が3着以内に全て入れば的中。
3連単は1~3着を全て着順に当てて、初めて的中となります。
当たりやすさの順番としては、複勝、単勝、枠連、ワイド、馬連、馬単、3連複、3連単の順序です。
複勝が一番当たりやすい反面オッズが低く、3連単は本命、対抗などの有力馬が来ても高配当となり得ます。

コメントは受け付けていません。