馬柱でさらなる情報を

競走馬の情報を得る上で、出馬表は欠かす事のできないものです。
ですが、出走する全ての馬を一覧表にしているので、あれでも結構省略した情報だったりします。
馬の情報をさらに調べたい場合は、「馬柱(うまばしら)」をしっかり見られるようになる必要があるでしょう。
馬柱は、出馬表が掲載されている競馬新聞やWeb上のページに記載されているので、出馬表を確認するのと同時に見ることができます。
競馬予想をする上で、馬柱はかなり大きな意味を持つ情報なので、可能な限り熟読しておくと良いでしょう。
馬柱は、そこまで大きなスペースをとっているわけではないにもかかわらず、競走馬一頭一頭の情報をかなり詳細なところまで表示しています。
出馬表で確認できる情報に加え、脚質、負担重量、当該騎手騎乗時の成績、そして前走レースの情報など、とにかく多彩です。
なぜそれ程広くないスペースでそれだけの情報量を詰め込めるかというと、情報の表示が一文字、あるいはかなり少ない文字数で表示しているからです。
つまり、競馬の素人がパッと見てわかる情報はかなり少ないという事です。
それぞれの表記の意味を把握しておかないと、馬柱は利用できません。
例えば、脚質は一文字表記ではないですが、□と↑のみの図で表記しているので、素人にはサッパリわかりません。
この脚質は、簡単にいえば先行逃げ切りタイプか、ラストスパートで追い込むタイプかという事を教えてくれるものなのです。
例えば、↑が一番上で、その下3つが□の場合、『逃げ』となり、スタートと同時に他の馬より前に出て、そのまま逃げ切りを図るタイプの馬という事になります。
後はこの↑の位置が下になるにつれて、『先行』、『差し』、『追い込み』となり、少しずつ加速する位置が後半に傾いていきます。

コメントは受け付けていません。