骨にもコラーゲン

    コラーゲンはお肌細胞に良いという効果だけだと思ったら、それが違うのです。
    実は骨粗鬆症にも良いと言われています。
    骨にカルシウムを付ける役目を、コラーゲンがしていることがわかりました。
    と言うことは、コラーゲンがなければ、摂取したカルシウムは骨の成分にならないと言うことですね。
    コラーゲンは、そもそも、人間の体の中で作られるものです。
    コラーゲンを外から体内に取り入れていたとしても、それはコラーゲンが生成することを補助してあげる形になります。
    ですから、もし、コラーゲンが体内で作られていなければ、そこにカルシウムが入ってきても、骨に付かず、強い骨を育てることにはなりません。
    骨を強くするためにはカルシウムだけではなく、コラーゲンも必要ということになりますね。
    柔軟であるコラーゲンが、硬い骨を守っていると言っても過言ではありません。
    人間の皮膚には、皮の下に真皮というものが存在しています。
    そこには、たんぱく質がたっぷりと入っていて、その7割がコラーゲンで作られているそうです。
    そのコラーゲンからコラーゲンペプチドと言うものが生成されます。
    真皮の細胞が活性化するのは、このコラーゲンペプチドが活躍するからです。
    こうして、細胞が生き生きとし、みずみずしく、ハリのあるお肌がよみがえるわけです。
    お肌の表面からいくらお手入れをしても、限界はあると思います。
    美しくなるには、外側だけでなく、内側から活性化することが必要でしょう。

      コメントは受け付けていません。