骨粗鬆症とコラーゲンの関係

    体内でコラーゲンと言う成分は、いろいろなことで活躍しています。
    このコラーゲンが代謝不足になると、体にはどのような影響が出てくるのでしょうか?
    コラーゲンは体内で、常時、作られているものです。
    ですから、その代謝が悪いと、体内にあるコラーゲンの量は、当然、減ってしまいます。
    まず、コラーゲンが不足してくると、骨粗鬆症が心配されるでしょうね。
    高齢者は特に心配しなければなりません。
    なぜなら、日本では65才以上で3分の1の方が、骨粗鬆症になっているというデータがあります。
    本人に自覚症状がなくても、調べてみると、骨粗鬆症になっていることが分かった、と言った人が多くいらっしゃいます。
    これは、高齢者でも男性より女性に多く見られる病気です。
    本人に自覚がないために、気が付かない人が多いのですね。
    骨粗鬆症は怖い病気です。
    転んだだけで、骨折したり、くしゃみをしただけでアバラが折れたり、ちょっとしたことで骨折しやすくなります。
    それは、骨の内側がスカスカになっていて密度が低いからなのです。
    骨粗鬆症は昔からある病気で、よくおばあさんの腰が曲がったりすることも、これが原因と言われています。
    では、コラーゲンはなぜ、骨に良いのでしょうか?
    骨の成分は、コラーゲン、カルシウム、そしてリンが合体したものです。
    コラーゲンにカルシウムとリンがくっついて骨を形成しているのです。
    コラーゲンが少なくなると、カルシウムやリンがくっつく場所もなくなってしまいます。

      コメントは受け付けていません。