髪の毛にもコラーゲン続き

コラーゲンを食べ物から取りたい場合、何を食べたら良いでしょうか?
例えば、コラーゲンが多いと言われている牛スジでしたら、100グラム中には32グラムのコラーゲンが含まれています。
また鶏肉の皮は100グラム中、25グラムのコラーゲン、ウナギなら100グラムに7グラムのコラーゲンが含まれています。
軟骨も100グラムあたり16グラムのコラーゲンがありますから、極端に言えば、毎日、軟骨を100グラム食べれば大丈夫ということです。
ですが、同じ物を食べ続けることは、もちろんお勧めしません。
栄養のバランスも考えて、上手にコラーゲンを食べましょう。
毎日、違ったものからコラーゲンが取れれば一番良いですよね。
それに、動物性脂肪の多いものを食べると脂肪分を取りすぎてしまいます。
血中コレステロールが上がることは、育毛にもよくありません。
血液の流れが悪くなりますから、髪に必要な分の栄養が行き渡らなくなります。
もちろん、コラーゲンが不足することだけが薄毛になってしまう要因ではありません。
ストレスが貯まっていたり、食生活が乱れていたり、夜更かしで睡眠不足だったりと、体に悪いことは髪にも悪いのです。
お酒もほどほどにしたり、適度な運動をしたり、体に良いことは、髪の毛にだって良いことなのです。
コラーゲンを取ることは、細胞を活発にして、新陳代謝も良くなり、免疫力も上がります。
女性なら肌つやが良くなりますし、代謝が良いと痩せ易い体になるでしょう。
このように、コラーゲンは体のすべての部分において、良い方へ導いてくれる大事な成分なのです。

コメントは受け付けていません。