場所 愛媛5

いよいよ愛媛県の四国八十八ヶ所の霊場59番から最後の65番までをみてみましょう。 59番は「国分寺」(こくぶんじ)です。 大きな屋根が特徴的な本堂があります。 空海が長い間逗留して五大明王像を残しました。 宗派は真言律宗 […]

「場所 愛媛5」の続きを読む

遍路方法

「四国八十八ヶ所巡り」のお遍路の仕方は、四国の八十八ヶ所を巡ることです。 八十八ヶ所の札所に到着したらまず、本堂と大師堂を参拝します。 その後は宗派によって若干違いがありますが、決められているやり方で般若心経などを読みま […]

「遍路方法」の続きを読む

場所 徳島4

続いての八十八ヶ所巡りの霊場は四国の徳島県にある15番から18番までです。 15番は「国分寺」(こくぶんじ)です。 山門をくぐると左手に地蔵堂と七重塔礎石と鐘楼堂があります。 七重塔礎石は七重塔を巨大な礎石で作られたもの […]

「場所 徳島4」の続きを読む

場所 香川

ここからは四国八十八ヶ所巡り最後の県である香川県の札所をみてみましょう。 66番は「雲辺寺」(うんぺんじ)です。 雲辺寺山の山頂にあるお寺です。 四国八十八ヶ所の中で一番標高が高い位置にある札所です。 1987年に雲辺寺 […]

「場所 香川」の続きを読む

衣装と用品

それでは四国八十八ヶ所をお遍路する場合、どのような服装で何を持っていけばいいのでしょうか。 四国の街を歩いていると、お遍路さんの格好をした人をよく見かけます。 遍路さんの衣装は、まず頭に「遍路笠」と呼ばれる「かさ」をかぶ […]

「衣装と用品」の続きを読む