衣装と用品

それでは四国八十八ヶ所をお遍路する場合、どのような服装で何を持っていけばいいのでしょうか。 四国の街を歩いていると、お遍路さんの格好をした人をよく見かけます。 遍路さんの衣装は、まず頭に「遍路笠」と呼ばれる「かさ」をかぶ […]

「衣装と用品」の続きを読む

場所 徳島5

いよいよ四国八十八ヶ所巡りの霊場、徳島県最後の19番から23番までの紹介です。 19番は「立江寺」(たつえじ)です。 このお寺には「黒髪堂」があります。 黒髪堂には、昔夫を殺して詣でたお京という女性が本堂の前で鉦の緒に黒 […]

「場所 徳島5」の続きを読む

場所 香川2

香川県内にある四国八十八ヶ所の札所、72番から75番までです。 72番は「曼荼羅寺」(まんだらじ)です。 ここの境内には弘法大師お手植えの松があり「不老の松」として有名でしたが、近年枯れてしまいました。 この「曼荼羅寺」 […]

「場所 香川2」の続きを読む

衣装と用品2

遍路の際に手に持つ数珠は「念珠」と言われます。 珠を1つずつ操って念ずるのでそう呼ばれるようになったそうです。 この珠の数は煩悩の数と同じ一〇八個あります。 念珠と一緒に持つ鈴は「持鈴」と言います。 この鈴には魔よけの意 […]

「衣装と用品2」の続きを読む

場所 高知

お遍路さんで巡る四国八十八ヶ所、続いては四国の高知県内にある霊場です。 高知県には八十八ヶ所のうち24番から39番までの札所があります。 土佐最初の霊場である24番目の札所は「最御崎寺」(ほつみさきじ)です。 通称「東寺 […]

「場所 高知」の続きを読む