FXと申告分離課税

申告分離課税とはFXで出た収益だけを他の収入と分離して申告する税制のことです。
もちろん、FXだけではなく株取引なども同じ方法です。
これにより税金の額が変わります。
これまでの総合課税の場合では、本業の収入が多い人はFXの収益額に関わらず50%もの税金がかかっていたのです
もちろん、これは高額所得者だけのことです。
一般庶民には関係ない話でしょう。
ただ、申告分離課税となった背景には社会的な意義があります。
FXが株取引などと同じと認められたと言うことです。
日本国内で行われている利殖はいろいろな方法があります。
これまでFXは利殖の中では異端的な扱いを受けてきたのです。
インターネットの普及により、多くの証券会社が取引に参入し、これまで株などをやったこともない人がFXを始めました。
収益を上げるどころか、大きな損失を出してしまう例がたくさん出てしまいました。
そのため、国税庁が証券会社を制限するようになりました。
そして、ようやく株取引などと同じレベルの利殖手段と認定されたのです。
お金はいくらあっても余ることはないと思っている人が少なくありません。
高額所得者はFXでの収益にかかる税金の額を気にしているのです。
もちろん、税金を少なく払うためのテクニックも存在します。
それは節税と言われる方法です。
具体的にはいくつかあり、インターネットなどで検索すれば出てきます。
いずれにしても決められた税金は確実に払わなければなりません。
そのための仕組みを理解しておいてください。

コメントは受け付けていません。