GIレースを覚えよう

競馬の数ある重賞レースの中で、最高の格付けのレースである『GIレース』。
このGIレースは競馬ファンの中にあっても特別なレースであり、毎回競馬場は数多くの競馬ファンによって埋め尽くされます。
ここでは、そんなGIレースを見ていきましょう。
まず、春のGIレースと呼ばれる中で最初に訪れるのは、2月に東京競馬場で行われる『フェブラリーステークス』です。
次に3月に中京競馬場で『高松宮記念』が行われます。
そして4月~5月にかけ、GIの中でもトップクラスの大きなレースといわれる桜花賞、皐月賞、天皇賞(春)と続きます。
その後、5月にはNHKマイルカップ、ヴィクトリアマイルと続き、そしてオークス、日本ダービーと大きなレースが続きます。
6月に入ると安田記念が開催され、一気に競馬が盛り上がります。
そして、宝塚記念で春のGIは終わりです。
夏を過ぎて秋に入ると、今度は秋のGIが開催されていきます。
中山競馬場のスプリンターズステークスにはじまり、秋華賞が続きます。
そしてここから11月末にかけ、一気にビッグレースが続いていきます。
菊花賞、天皇杯(秋)、牝馬のNo.1決定戦であるエリザベス女王杯、マイルチャンピオンシップ、ジャパンカップと、競馬界の名物といえるレースが立て続けに開催されます。
12月に入ると、ジャパンカップダート、阪神ジュベナイルフィリーズ、朝日杯フューチュリティステークスと続き、そして一年の最後に行われるGIレースが、最も人気の高い有馬記念となります。

コメントは受け付けていません。